派遣会社に採用されるためのお得な講座

最近では何をするにもパソコンは必須です。
パソコンが苦手な方には、派遣会社が無料もしくは割安でパソコンも教えてくれます。
派遣会社に素敵なスタッフが登録に来てくれないなら来てくれたスタッフを素敵に変身させちゃえって感じで派遣会社もがんばっています。

パソコンを指導するのは、もちろん指導専門のインストラクターです。
立ち振る舞いマナー口座、お茶とケーキで頑張っているスタッフさんをお呼びしてお話を聞いてみたり、なんやかんやと派遣会社も生き残りをかけて奮闘しているようです。

会社事情はそれぞれいろいろありますが、その会社で働く社員の目の輝きで判断するのが一番確実なように思います。キラキラ輝いているような社員がいる会社を見つけてください。

上記の内容が少しでもお役に立てれば幸いですが、いたって私の独断と偏見?の意見なんで、そこそこの参考にしてください。

派遣社員の環境は本当に大変な事態になっていますが、やはり、人間対人間のお付き合いなんです。
だから、派遣社員で一定期間働いて人間的魅力と仕事の向き不向きでは、その企業の社員になれてしまうこともあるのです。

だから、派遣社員は派遣社員、アルバイトはアルバイトだから的な考えでなく、よし、ここで自分の価値を高め一花咲かせてやるぞというモチベーションの高さでどうにでも変わってくると感じています。

素敵な人間的魅力それは、容姿ではなく本当にどれだけ内面が美しいかにかかってきます。
派遣というのは、うまく利用すれば、自分の才能を開花し、その開花した才能をまた次のステップで飛躍さしていくこともできますし、経験したことのなかった職場に付き、もしかしたらこんな仕事聞いてないなと思いながら、積極的にお仕事をするとそれば花開く場合もあります。やはり、その人の心次第です。

自分の能力を高め人間力を高める為に上手に派遣会社でお仕事して頂きたいと思います。

派遣での職種は様々

派遣会社では様々な職種があります。
事務職をベースにしていると思いますが、最近では事務のお仕事は現象し、テレホンオペレーターが目立ちます。
テレオペでは、金融起業、電機関係の修理、保険会社と様々なコールセンターが出来ています。
そのため、何十人というスタッフが必要になってくるのです。

大きいところでは、何百人の規模です。ただ、このテレオペの仕事も短命です。
どうしても長く続かない人がおおいようです。特に金融関係のテレオペは大変時給がいいのですが、やはり、精神的苦痛が大きいようですぐにスタッフが辞めてしまうのが現状のようです。

滋賀県にも草津に大きなコールセンターがありますが、常にスタッフを募集している状態であると聞いています。
コールセンターは勤務もシフト制です。

いたずら電話も多くあります。
ただ、すわって電話応対しているだけではなく、家電修理のコールセンターでは、常にお客様にお詫びし続けるという仕事です。
あと、そのお客様の壊れた家電製品を修理にいく技術者との間にはさまり、大変苦労して修理スケジュールをたてて、お客様にお伝えするという感じです。

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、等家電には様々なものがあり、しかもそれも年数によっては修理不可能なものもあるわけです。
ほんと、精神的にタフでないと受け流すことができず契約途中で辞めてしまうスタッフも多くおられました。
仕事というのは、大変なものであるわけでが、毎日毎日お詫びしている内容では、やはり、きついのかもしれませんね。
あと、資格があれば某有名大学の図書館での司書業務も人気がありました。

福利厚生について知っておこう

テンプスタッフコメント抜粋
「派遣」と聞くと生活面は大丈夫かな?と考える方が多いですが、
表にあるとおり正社員と比べて福利厚生の制度は変わりません。
正社員同様、有給休暇もあります。その他の社会保険なども変わりはないため、出産や病気をした時などにも安心です。

リクルートスタッフィングコメント抜粋
以下の両方の条件を満たす場合、雇用保険、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に必ずご加入いただきます。(40歳~64歳の方、または40歳~64歳の被扶養者がいる方は、介護保険にも同時加入となります。)

雇用保険の加入基準
・週20時間以上の契約を締結している場合
・31日以上の雇用見込みを立てた場合
この条件を両方満たした場合に雇用保険に加入します。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入基準
・2ヶ月を超える契約を締結している場合
・週30時間以上、かつ週4日以上の契約を締結している場合
この条件を両方満たした場合に社会保険に加入します。
※リクルートスタッフィングでは、リクルート健康保険組合への加入となります。

と、いうように、派遣会社の福利厚生は目を見張るものがあります。
逆に考えるとこのような説明のない派遣会社ではお仕事しないようにしてください。

有給一日とるだけでも、かなりもめてしまうかもしれません。

給与の締め日、支払い日の確認も絶対重要です。
それに伴い、タイムカード処理の仕方もしっかりと覚えておいてください。

今はまさか、手書き記入はないと思いますが、私が営業の時は毎日の勤務時間を手書き記入して勤務の終わりに捺印をもらって終わるというかなり、手間のかかるタイム管理でした。

今考えても古臭いやり方で、間違いの多いやり方であったと思います。
その記入間違いでどれだけ、こちらの確認業務があったことか無駄な残業をよくしていました。

あと、時間給の値上げ交渉も大事なことです。
仕事も覚えてきたので時間給を上げて欲しいというスタッフさんんもたくさんいました。が、これも、企業さんの判断となってしまい、なかなか、希望が通らないことも多々ありました。

しかし、そういう中でも、こちらからアピールしなくても時間給がぐんぐん上がっていくスタッフの方もいました。
企業から、思わず時間給を上げてあげたくなるような仕事の取り組み方、
職場の人とのコミュニケーション能力があれば、おのずと時間給は上がります。
きっと、そういうものだと思います。

しかし、派遣のお仕事には大半が交通費支給はありません。
スタッフさんが時間給を上げて欲しい切なる願いはそのような契約の中からうまれることのような気もします。
やはり、交通費は大きいですね。

お仕事開始からの営業との付き合い方

めでたく、企業の派遣社員として働いて頂くことになったあと、何かともめるのが派遣会社の営業社員との関係です。
派遣スタッフの方の中には、なんでもかんでも派遣会社の営業に職場の人との人間関係を相談し、なんとかして欲しいと懇願する人も少なくはなかったです。

正直、派遣社員といえどもやはり、その企業の仲間としてみてくれている職場の方々がいらっしゃるにも関わらず、うちのスタッフがこのような事で悩んでおりまして的な相談を企業さんにしたものなら、「なんで、●●さんが直接僕に相談にこないで部外者のあなたからそんなことを聞かないといけないんだ。」とお叱りを受けたこともありました。私も実際そうだと思います。

派遣は肩身がせまいので。と嘆く方もいらっしゃいますが、だいたいの企業さんは大きな心で受け入れて下さっています。
ですので、出来るだけ自分の職場の悩みは自分で解決する方向で考えて欲しいと思います。
きっと、それが信頼関係を構築する良いきっかけになるからです。
派遣社員だから、相談できないわけはありません。
ご自身が社会人として働いているわけですから、しっかりとご自身で解決することも大事だと思います。

それでも、どうにもならない場合はもちろん営業に相談されることをおすすめします。
ご自身の価値はご自身で上げてもらいたいと思います。きっと、うまくいくことでしょう。
とにかく、営業に全信頼をおくともしかしたら裏切られます。
派遣会社の営業は短命です。あれだけ、熱心に相談にのってくれていたのに、次の日には辞職している場合があります。これも少し覚えておいてください。

派遣会社の営業担当は、なかなか、サイクルが早い職種のようです。

企業との初顔合わせ時の注意事項

仕事内容を理解し、引き受けた場合さて次は、企業との顔合わせと称する面接です。
これが、一番ドキドキする瞬間です。
企業側も派遣会社を信頼してスタッフをお任せするという規則がありますが、やはり、実際にどんな方なのか見たいわけです。
で、ここでも暗黙の了解で他の派遣会社からもスタッフが紹介されるのです。
企業の面接ですね。ここが、一番の難関です。

これまでの顔合わせを見てきましたが、企業が望む人材は、人間関係をうまくやってくれそうな方。
これにつきます。そのあとに、通勤距離、あとは、やはり、人間見た目って感じでしょうか?
年齢もやはり、気になるところでしょう。だいたい、引き継ぎの関係上前任者と同じ派遣会社からのスタッフになるのですが、
それも100%ではありません。

とにかく、企業としては、長く働いてもらわないと手間がかかるのです。
引き継ぎ、仕事を覚えるのに3週間ほどはかかります。辞める人はその段階で辞めてしまい、また、派遣会社が右往左往し、企業に平謝りをするわけです。

こうした悪循環を断ち切る為にも必死で派遣会社は長く続けてくれそうな、
人付き合いの良さそうな、誠実な、真面目そうな、方を探しているのです。
余談ですが、実際には社員の花嫁候補を派遣社員で探したいという本音をぶつけてくる企業もありました。
そういう会社には20代前半しか紹介できないというあるまじき企業もありました。
まあ、それが一番の幸せ探しにはなるわけで、、お互いが良ければそれでいいと思いますが。どうでしょうか。

と、いう具合に企業からの要望はこのような感じが多数だと思います。
ですので、雇用してもらう為にも特に女性は、終始、笑顔がキーワードになります。
ハキハキ笑顔これがあれば、だいたい、悪条件でも企業は採用してくれます。
女は愛嬌っていう感じでしょうか?企業は男性中心の会社が多いです。そこで、バリバリ男並みに仕事して欲しいというよりは男性のホッとするオアシスになって欲しい的な感じが多かったように思います。

実際、採用してもらえたものの、どうしても挨拶の時に笑顔がないと言って契約を途中で切られてしまったケースもありました。
笑顔笑顔これが、大切です。

お仕事の案内が来た場合の対応

登録を終えて、ご自身の希望の職種内容がその派遣会社のオーダーに合えば結構早く案内がきます。
電話でマッチングの係りの女性から電話があり、そこで、電話でそのまま仕事内容を聞いていきます。

内容は、企業名、勤務時間、時間給、休日、制服貸与有りなし、休み時間、休憩場所の感じ、一緒に働く職場の方々の年齢層、お弁当持参してよいか、等すみずみまで営業が調査する、もしくは、前任者の後釜であれば前任者から全ての事を事細かに聞き出してそれをお伝えします。

かなり、一方的に最初はこういった内容を聞かされます。
では、あとは、ジャッジお願いします!みたいな感じですかね。
もちろん、質問にも答えてくれます。

が、多分その場でそんな的確な質問が出せないままに、なんとなく、その内容でいいかなあと思った瞬間に、では、営業担当と電話を変わりますのでお願いしますと、いった具合にあれよあれよと企業への面接の日にちが決定します。

ここでも、派遣会社のいいなりになっていくとあとあと、大変なんで、流れに流されないようにしっかりとご自身の気持ちを伝えるようにしてください。

引き受けるかどうかの待ちの時間が欲しいのに即決を促してくるような案内はお断りしていいでしょう。
きっと、前任者が契約期間途中で終わるようなトラブル内容である可能性が高いです。
仕事内容を営業担当からも確認し、その営業担当との話がスムーズになんの不満もなく終了した場合でも返事は翌日の方がいいと思います。とにかく即決は控えましょう。

それで、仕事が他の人に回ってしまう場合もあるので、そこは、運と縁を信じましょう。

知らないと損をする派遣会社選び方

まずは、派遣会社に登録が必須です。
派遣会社によって、得位分野、得意な職種が違います。
大手とのパイプをもっているか否かも大きく変わってきます。

これは、だいたい、各派遣会社のホームページに大企業との取引のあるなしが記載されています。
もちろん、大企業になると企業自身で派遣会社を子会社としてもっている会社も多くあります。

大企業でのお仕事を希望される方は、その派遣会社に登録が一番です。

ただ、大企業だから、絶対安心かというとそうではありませんので、下記に書く注意事項をその場合でも少しは頭の済に覚えておいて頂きたいものです。

登録には結構時間がかかります。
何に時間がかかるかは、それなりに人となりを確認されるからです。
そして、ご自身(以後スタッフと呼ばれます)の今までの経歴、希望を聞かれますね。
会社によっては、適正テストもあり、その質問項目がうそみたいに長いものもありました。

私も、退社してから県内の派遣会社にいくつか登録してみました。
テンプスタッフ、アデコ、スタッフサービス キャリアパワー

たくさん、ありますが、ようするに登録時にやることはほぼ同じでした。

違いといえば、登録時にそのまま仕事を紹介してくれる会社もありましたが、一概にその会社がいいとは限りません。
会社の切迫した人材不足を急遽どうにかしようと焦っている会社も多いからです。

お仕事は人生の一大事です。
最初の登録の時にものすごい感じが良くてもやはり、明日なり明後日なりに仕事を聞いて決断した方がいいと思います。
即決で仕事を決定するのは、後々大変な事になる可能性が多いのでよく考えてから仕事を引き受けるスタンスでいてください。
でないと、自分も派遣会社も企業さんも嫌な思いをする可能性が非常に大きくなると思います。

まずは、登録時の担当社員の雰囲気とその場の空気感、他の派遣会社の社員が疲れきった症状をしていないかをご自身の目で見て感じてください。電話応対が聞こえるのならば、その会話も聞いて見て欲しいと思います。