就職活動をたくさんしている私は、初めは面接が緊張でドキドキで、自分をアピールできないことがたくさんあるけれど、考え方をかえて、自分が企業を見てくる、いい会社だったらいいのになってちょっと気持ちを大きく持つとあんまり緊張もしなくなって、どんな人と会えるのかな?ぐらいの軽い気持ちで、挑みましょう。

まず、明るく働いているみなさんに挨拶しましょう。挨拶が返ってこない仕事場は、何か問題があります。

そういう職場はいじわるな人がいます。自分が入ったらこの職場の人は、自分を仲間だと思い挨拶してくれるというのは、間違えで、入ったとしても絶対にその職場は挨拶もないし、そのいじわるな人は、自分にいじわるします。ので、そういう会社は却下しましょう。

反対に全ての人が挨拶してくる会社もあります。そういう会社はやらされているので、気をつけましょう。

多分、挨拶をやらされている会社は、階段や壁に模造紙でスローガンやわけ分からないグラフなどが所狭しと貼られています。

こういう会社は、息がつまるし、圧迫やモラハラをがんがんしてきます。ストレスがすごく溜まる職場だと考えます。

面接もすごくて、パーソナルな質問をしてきたくせに、応えただけで華麗にスルーします。

それやったら、聞くなって言いたい。そんな感じの面接です。だから、心の中でずーっと笑っていました。

「こんな職場、ありえない。」

先に自分の会社の印象も聞いてきて、なんだ自分たちの印象が気になるのか?そんな肝っ玉が小さな所は、これにて失礼!って感じでした。

よく質問を考えてきてくださいとか面接のマニュアルにあるんだけれど、それも別にどうでもいいなって自分が思ったら、ないですでいいと思います。反対にどうしても入りたい場合は、すごい小さいことでもかまわないので、聞いてみてください。

それと仕事をしたいアピールでうまく入れると思います。大丈夫です。






このページの先頭へ