パート先(結構フルタイムで働きたかった)を見つけるのにも時間がかかりました。ハローワークに登録したり、フリーのアルバイトマガジンで探したりと結構がんばりました。でも、結果は全てアウト!なのでへこたれました。

折込チラシの入っていたので、合同面接会というのに参加しました。なんと予約の電話が不要ということなので、チャンスとばかりに面接会に参加しました。

いろいろと話したことは、やっぱりいますぐ働きたいし、何か手に職みたいなのを入れたいということをアピールしたら、見事合格しました。結局がんばってこつこつすることが良いことです。

まあ、私はどう考えても電話をするのがいやなので、電話をしないで就職先をみつけることが多いようです。

だからハローワークの多用をするのですが、ハローワークで就職先が決まったことは皆無なのが笑えます。

ハローワークの場合は、コメントもどういう人を求めているのか、職場の雰囲気を伝える写真などの情報がないので、企業とのマッチングが、低くなるのかもしれません。

どういう人たちが働いているのか、どういう人材を求めているのか、あのシートだけでは、わからないことが多いから、ハローワークでの求人は長期化していくのだと思います。

あの膨大な情報から自分で自分にあった就職先をさがすのは、やっぱり大変です。相談の人もなげやりな人に当たるとめちゃくちゃいらいらするので、自分で探す力が必要になるのかもしれません。

相談がなげやりな人は、スマホなどで録音して、後日誰かに言えばいいと思います。私も変な相談員に当たった時、苦情の電話をかけました。相手の名前を覚えていたので、細かく言いました。

するとその相談員は事務手続きを来る日も来る日もしていたので、就職活動がしやすくなりました。



このページの先頭へ